登山&旅行ブログ

今年は兎年飛び跳ねるぞ~
南米の旅 クスコ&マチュピチュ編
空中都市マチュピチュ遺跡
f0015584_18144211.jpg

マチュピチュ遺跡は1911年アメリカ人歴史学者ハイラム・ビンガムが再発見した遺跡です。
遺跡の面積5k平方メートル、標高2,460m 後方の尖がった山がワイナーピチュウだ。
スペイン侵攻から逃れる為400年も人の目に触れず眠っていた最盛期時は1万人~2万人の人口があったとか!

Moreをクリックしてね!




f0015584_18181793.jpg

クスコ市(標高3,360mの高山都市) 正面が宿泊したHoTEL LIBETADORはクスコで
一番格式高いホテルで植民地時代は代官の宿舎 左側の建物が太陽の神殿
f0015584_18184095.jpg

太陽の神殿(サント・ドミンゴ教会)この教会は黄金で造られていた神殿で16世紀スペイン侵攻で略奪にあい全ての黄金を持ち去られた。今でも素晴らしい石組みは往時のままである。
f0015584_1819285.jpg

クスコ市街
f0015584_15443684.jpg

インカ帝国時代の教会
f0015584_18191892.jpg

サクサイワカン遺跡
f0015584_18193293.jpg

原住民インデオ母子と仲良しになる。
f0015584_18194225.jpg

マチュウピイチュウ遺跡に向かう特急電車!サンペドロ駅(クスコ)始発電車4時間掛かる
f0015584_18195457.jpg

マチュピチュ遺跡のゲート
f0015584_1820890.jpg

マチュピチュ遺跡の全容後方の尖がった山がワイナーピチュウだ1日150組の限定登山が出来る。遺跡の面積5k平方ー㍍ 標高 2,460m 最盛期時には1万~2万人が居住していた。
f0015584_1821582.jpg

段々畑が下のウルバンバ川まで有った。
f0015584_18211887.jpg

段々畑群
f0015584_18212999.jpg

インテワタナ・・日時計とも太陽を祀る施設とも言われている
[PR]
by gxmwm944 | 2006-04-07 18:20 | 南米の旅 マチュピチチュ編
<< 南米の旅 ブエノスアイレス&ナスカ編 南米旅行 チチカカ湖&リマ編 >>


by gxmwm944
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
黒猫

時計

カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
龍王
from 四国八十八ヶ所巡礼記
マチュピチュの写真編
from 日系ペルー
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧